Menu
Top Story Movie Collection News / Topics Store Magazine Journal Online Store

Magazine

靴の聖地として名を馳せる街アルマンサ

靴の聖地アルマンサ

スペイン南東部に位置するカスティーヤ・ラ・マンチャ地方にある人口2万5000人の小さな街、アルマンサ。
標高700m~1200mと高低差があり、日中と夜間の寒暖の差が20度を超えることもあります。その乾燥した環境により、ワイン作りに適した土壌を作り出しました。
そのためにバランスの良い香り高いワインの産地として有名です。

その豊かな自然は、どこを切り取っても一枚の絵画のような美しさを感じさせてくれます。

 

 

アルマンサの靴作り

また19世紀より盛んになった靴作りは、スペイン内でも屈指の生産地として知られるようになりました。
この地では靴の職人として働く人が多く、誇りを持って取り組んでいます。
親から子へと代々続く熟練した職人たちの技術は、この土地ならではの靴の名品を作り出しています。

 

 

Berwick1707の誕生

そのアルマンサで1991年Berwick1707は産声をあげたのです。
1996年にグッドイヤーウェルト製法を中心に据え、ドレスシューズブランドとしての歴史を歩み出しました。

 

 

Berwick1707の由来

1707年のスペイン王位の継承者を巡るイギリス・オランダ・ポルトガル同盟軍とスペイン・フランス連合軍がアルマンサの地で衝突しました。
その「アルマンサの戦い」でフランス、スペイン連合軍を勝利に導き、終結させた英雄こそがバーウィック公爵(Duke of Berwick)です。
彼の名前はアルマンサの人たちにとって、永遠の英雄であり、誇りなのです。
その栄光を称え、ブランドネームに冠しました。

 

 

Berwick1707

Berwick1707のシューズと伝統のワイン、そして美しい風景はこれからもアルマンサの魅力を世界に伝えていくことになるでしょう。


Latest